コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!

日々のニュースを私的視点から(なまくらですが)切り込む !! 1分ぐらいで読める分量を意識して書いています。 コメント欄で議論をしあえる場を作っていけたらなと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月の終わりに

この時期になるといつも憂鬱になる。
一月も終わりになって、一年のうちの12分の1がすでに終わったというのに、何もできていない自分を発見するからだ。
2006年という言い方にも、平成18年という言い方にもまだしっくり来ないし、なんだか世間から置いてかれているような気持ちになってしまう。
まあ、一月は特別、開始が遅いもんやからなんて言い訳をしている自分や、「まだ旧正月やんか、陰暦では今からが始まり」と逃げてしまってる自分を発見してしまうと、さらに落ち込んでしまう。

しかし、そうもばかり言ってられない。
これから、私が最も今注力している、日本国憲法の改定の第一歩である、国民投票法案が可決されようとしているのだ。
国民投票法案においては、最初出されたようなマスコミ規制や外国人規制は大幅に削除され、ある程度、まだましな形にはなってきた。

しかし、これにおいてはなかなか難しいところがある。
私は、現在のような状況においては改憲はするべきではないと考えているが、この投票法案については、ちゃんとした形であれば成立してしかるべきなのではと考える。
なぜなら、日本国憲法上、改正手続きが定められているにもかかわらず、それをおこなう為の手続法がないというのは、明らかな行政の怠慢であり、もっと前に成立していてもおかしくないと思う。
しかし、今このような法律が作られるということは、明らかに軍隊を持てるようにするための一歩目に過ぎず、国民投票法案が通った勢いをもってということにもなりかねない。

まあ、私が反対しようと賛成しようと、国会では十分な議論もなく、国会のスケジュールに従って淡々と進んでいくのであろう。
しかし、国民が反対すべきところも反対しない先には、窮屈な世の中が待っているということはここ15年で実証されている。
これ以上窮屈な日本にはいたくないが、日本国民をやめるつもりもない。
やはり、反対すべきときには、大きな反対の声を上げていかねばと思う。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。