コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!

日々のニュースを私的視点から(なまくらですが)切り込む !! 1分ぐらいで読める分量を意識して書いています。 コメント欄で議論をしあえる場を作っていけたらなと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリノオリンピックのつたえかた

トリノオリンピックが閉幕した。
女子フィギュアスケートで荒川選手が金メダルを取り、各メディアはこぞって「日本を救った」と報じたが、いったい誰が救われたのだろうか?
まず、われわれ一般人はメダルがなかったとしても、失望はするだろうが別に困ったことには陥らない。救われるという表現には似つかわしくない。

それでは選手団か?
それも違うだろう。最終日近くまでメダルが取れなかったことによって、マスコミに散々叩かれ、「井の中の蛙」とまで言われたことを思い出せば、すでに大きな傷を負っていることがわかる。

それでは誰か?
オリンピックに関心が薄れることで困るのは、今回もかなり売り上げを伸ばしたという家電メーカーや、オリンピックツアーを組む旅行会社だろう。
彼らにとってオリンピックは商売対象であり、それに商品価値がなくなるというのは最も避けたいことであろう。とすれば、救われたという言葉がぴたりと当てはまる。

そして、それらの企業の広告などがメインの収入であるマスコミこそが、最も救われたと感じたのではないだろうか?
あおって、あおって何とか視聴率を獲得する努力をしてきたが、結果が伴わなければ視聴率に表れ、それゆえに広告収入も減る。彼らにとっては死活問題だ。
そうであるなら、彼らにとって荒川はまさに救世主に見えただろう。
だからといって、その感想をそのまま発信するというのは、媒体の私物化といっても差し支えないのではないだろうか?

「私想」を押し付け、「私想」で評価するマスコミ。
だが、彼らの言葉には「私は・・・」という枕詞がない。
それがまるで当然であるかのように報じる。
これだと、鋭い人がマスコミ不信になるのは当然である。
スポンサーサイト

テーマ:トリノオリンピック関連 - ジャンル:ニュース

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。