コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!

日々のニュースを私的視点から(なまくらですが)切り込む !! 1分ぐらいで読める分量を意識して書いています。 コメント欄で議論をしあえる場を作っていけたらなと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村岡氏無罪判断を受けて

この事件そのものを忘れてしまっている人も多いのではないだろうか。

日本歯科医師連盟(日歯連)から自民党旧橋本派への1億円裏献金事件で、政治資金規正法違反(不記載)の罪に問われていた村岡兼造・元官房長官に、東京地裁が無罪を言い渡した。
これを聞くと「政治家に甘い判断」だとか「政治と司法の癒着」と考えてしまう人もいるかもしれないが、実際には違う。

村岡氏のかかわりを証言したのは元会計責任者であるが、彼に対して東京地裁は橋本龍太郎会長ら現役の派閥幹部や、自民党本部の事務局長が大打撃を受けるような事態を避けようと、うその証言をした疑いがあると指摘し、「到底信用できない」と判断している。
さらに、党本部の事務局長まで問題が波及すれば、不透明な献金処理方法が白日のもとにさらされ、自民党にとって回復しがたい打撃となるとまで判決で言及している。
つまり、「村岡氏を『トカゲの尻尾きり』に使ったのは明白である」と言っているのである。

この判決はかなり大きな判決である。にもかかわらず、まったく国会の場に上がってくるような気配がない。朝のワイドショーを見ても、全部、民主党のドタバタ劇ばかり。これらを見ると、すでに国民はこのロッキード、リクルートと同じくらい、もしくはそれ以上の政治汚職をすでに忘れてしまっているのではないだろうかとさえ思う。

そもそも、この事件が忘れ去られる素地はあった。
この事件が明るみになったとき、世間はイラクで人質になった3人にバッシングを与えることに必死だった。
公訴の段階において証拠能力が争われているときには、世間は郵政民営化選挙に踊らされていた。
そして、判決の時にはどうでもいい民主党のお家騒動。

今、冷静になってみればこれらと橋本、山崎、野中そして自民党そのものの汚職と比べるとどちらが重いかは一目瞭然ではないか。

どうでもいいニュースが蔓延するこのネット時代の中で、テレビ局までその判断を失っている。やはり、ニュースを見る目がより必要な時代になっているようだ。
スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。