コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!

日々のニュースを私的視点から(なまくらですが)切り込む !! 1分ぐらいで読める分量を意識して書いています。 コメント欄で議論をしあえる場を作っていけたらなと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWとETC車載機について

今年もGWが始まった。
とはいえ、わたしはこれといった予定もなく、こなさなければならないことも山積みであるので、休みなく働くつもりであるが、世間では今年の連休は超大型の9連休とも言われ、また陽気続きであると予想されているので、それを傍目に見ながら仕事をこなすのは、つらいことこの上ない。
海外旅行者数も過去最高となったとも言われ、私も海外とは言わないまでも国内で旅行にでも行きたい気分である。
しかし、そんなお金もないし、毎年お決まりの渋滞に巻き込まれることが必至であるし・・・とこんなことを自分の言い訳にしている (涙)

とはいえ、この渋滞はどうにかならないものか。
5年前からETCの運用が開始され、その装着車数は1000万台に達している。
とはいえ、日本の自動車総数から見ればまだ15%である。
これでは、十分にETCの効用が発揮されているとは言えないであろう。

いっそのこと、高速道路に乗るにはETCの装着を義務付けたらどうだろうか?
テレビだって、新しく地上波デジタル対応のテレビを買わなければテレビが見られなくなるという強権を振るっており(これについての是非は別問題であるが)、それよりは世帯に対する負担も少ないだろうから、政府としては法律化することは可能であろう。
また、全国で1300箇所ある料金所に平均して2人ずつの料金回収人がいるとして、時給を1000円と仮定して計算すると、1日で6240万円、1年で228億円の人件費がかかっているのである。これらはすべてETC化すれば節約できる費用である。財政が逼迫している道路公団の建て直しもにも資するであろうし、また高いといわれている高速道路料金の値下げにもつながる。
もうひとつの効用として、ETC車載機自体も普及により安くなる可能性もあり、また経済効果も見込まれる。

これだけのメリットがありながら、なぜ義務化しないのか不思議である。
やはり、利権が絡んでいるのだろう。

毎年恒例の渋滞予想を見ながら、僕たちが夢描いていたドラえもんの中の世界には程遠く、移動にすらストレスをためなければならない21世紀の今。
漫画家たちが描いた未来は、利権のない世界の上にだけ成り立つものなのだろうか?


ETC車載機約1万円ほどの値段帯のETC車載機
スポンサーサイト

テーマ:コラム - ジャンル:ニュース

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。