コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!

日々のニュースを私的視点から(なまくらですが)切り込む !! 1分ぐらいで読める分量を意識して書いています。 コメント欄で議論をしあえる場を作っていけたらなと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出生率とホワイトカラー・エグゼプション

私の兄に2人目の子供ができるらしい。
この一ヵ月の間には生まれるそうだ。すでに性別はわかっているらしく、名前までもう決めているという。
出生率アップという国策に貢献している兄には心から敬意を表する。
私にはできないであろうからなおさらのこと・・・(笑)

話はそれたが、今月1日に厚生労働省が発表した出生率は1.25と過去最低を更新するものであった。特に東京の出生率は初めて1.00を割り込み0.98という数字になっている。ひとりも生まない夫婦が普通になっているという現状である。

だが、そうなるのは致し方ない。
現在、少子化対策を推し進めるべき厚生労働省は「ホワイトカラー・エグゼンプション」なる制度を導入しようとしている。これは、簡単にいえば、労働時間規制そのものをやめてしまい、世の中から「残業代」というものを一切なくしてしまおうという制度である。
こんなものができてしまえば、企業はいくらでも残業させるだろうし、それにいやとはいえない労働者はこき使われざるをえない。

一昔前、政府は「子育てできない男を父とは言わない」というような胡散臭いキャッチフレーズで、全面的に男の育児参加を啓蒙していた。これに感化されてか、マスコミは父親も子育てに参加する時代であるという声を上げてきた。それゆえ、夫の子育て参加を当然の事と思っている女性たちも多いだろう。一方で、会社からは残業は当然だといわれる。2つの当然にはさまれて、男はどうすればいいのだろう。
そのような状況であれば、子供はいらないという選択をする男性が増えるのは、それこそ「当然」ではないだろうか。

前にも書いたのだが、政府のすることはいちいち矛盾している。
出生率を上げたいのなら、逆に残業をあいまいにしている会社をしっかりと取り締まる。
そちらの方向に進んでいかねばならない。

経済など、所詮人がいなくなったら成り立たないものである。
雇用者の都合だけを考えての制度などは国を滅ぼす元である。
スポンサーサイト

テーマ:コラム - ジャンル:ニュース

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。