コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!

日々のニュースを私的視点から(なまくらですが)切り込む !! 1分ぐらいで読める分量を意識して書いています。 コメント欄で議論をしあえる場を作っていけたらなと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長という幻想

景気拡大が4年9カ月に達し、戦後最長の「いざなぎ景気」に並んだという。来月には戦後最大の成長となるというが、そんなことを言われてもまったく実感がわかないというのが正直な感想ではないだろうか。
だが、東京の街には活気が戻ってきていることは確かであるし、企業を取材していても昔に比べ、業績が回復してきたという企業が多い。
それでも実感がわかないというのは、われわれに幻想と不安が付きまとっているからではないだろうかと思う。

比べられる「いざなぎ景気」は物価上昇を加えた名目成長率で年平均18パーセントを超えるとんでもない成長であった。
また、「バブル景気」では、まるでお祭りのようにお金が右から左へ動き、銀行の利息にしても7~8%が当たり前、利息だけで生きていける人もいるというような変な時代であった。

これを基準にしていては、いつまで経っても実感のわかない成長になるとしか言いようがない。もはや、世界の先進国になった日本においては、18パーセント成長なんてしようものなら、世界中を敵にまわさなければならないだろうし、バブル景気のあとに訪れた「失われた10年」をもう一度経験するような政策は、まっぴらごめんである。
要は、一度絶頂を経験してしまった日本人には、もはやみなが満足する成長というのはないだろうし、あってはならないものだということである。

だが、不安の部分は払拭可能であろう。
この成長の間に、国民のすべてが認知した言葉といえば「格差社会」であろう。企業は正社員を雇わず、派遣やアルバイトを増やす。どんどんと所得の差が広がっていく。今はいいかもしれない。だが、10年後、20年後はどうなんだろう。そのような不安が蔓延しているのである。
これはやはり国の責任であろう。バブルが崩壊後、国は成長率を少しでも上げるため、企業を後押しするような政策を続けてきた。それゆえ企業は、設備投資などにお金をまわし、リストラを断行するようになった。これは、生き残りのために仕方なかったのかもしれない。
だが、今になってもそれを変える気配すらない。それは政府が、まったく政策を変更しようとしないからであろう。
そろそろ、国民の不安の払拭に力を傾ける時期なのではないか。

実は、最も幻想に取り付かれているのは政府であって、あのときの成長まで今の政策を続けていこうとでも思っているのではないだろうか。その割を食うのは、バブルすら知らない若い世代だということは皮肉以外何物でもない。
スポンサーサイト

テーマ:コラム - ジャンル:ニュース

これが総理の生きる道

それにしても、安倍晋三という人物の持って生まれた運というものにはおそれいるばかりである。重要な節目ごとに北朝鮮が絡んで、タカ派の彼を光り輝かせるのである。

まず、一般的に名が知られたのは最初のピョンヤン訪問時。彼は官房副長官として拉致被害者に対する支援によってマスコミに出まくった。

次に、2度目のピョンヤン訪問時。そのときの曽我さんの家族の再会は、まるで彼の強い決意によって成し遂げられたかのようであった。

そして総裁戦時。北朝鮮のミサイル実験によって、国民は彼の中身のない言葉が説得力を持つかのような錯覚に陥ってしまった。

そして今度の訪中、訪韓時の核実験。これによって一層、北朝鮮問題にしか活躍の場のない安倍総理の独壇場になることであろう。

まるで、北朝鮮と安倍総理は実は仲良しで、裏で取引をしているのではと勘ぐってしまいたくなるほどである。

まあ、そんな与太話はいいとして、問題はなぜ今核実験が行われたのかということである。
金正日が悪人だから民放は言いたげだが、金正日政権は10年以上続いている。そんな中、はじめての核実験をしたのだ。
では、国内情勢がそれほど悪化したかといえば、そんなことはない。
これはよくニュースなどでも流れていたが、北朝鮮では1994年から1997年と1998年から2000年の、2度の大飢饉がありこのときは国内の餓死者の数だけでも相当数であったと言われている。
それでも、今回のような暴走が起こらなかったのであるから、国内情勢が理由ではないことは言うまでもない。

やはり、経済制裁などの圧力による暴発と考えるのが自然な流れであろう。
ということは、北朝鮮に核を持たせたのはブッシュ、小泉、安倍といっても過言でないのかもしれない。

もちろん北朝鮮の暴挙を擁護するつもりはない。
だが、今のような「弱いものには圧力」という政策を続けていけば、第2、第3の北朝鮮が出ることは間違いない。
男女関係でもそうであるが、相手の悪いところばかりを非難して、自分を振り返らなければその関係が破綻することは確実である。そして、そのような人はほかの人と恋愛してもうまくいくことはない。

まず、己を見つめなおす。本当に安倍の突き進む方向でいいのかと。今の日本にはそのような意識が必要なのではないだろうか。

テーマ:コラム - ジャンル:ニュース

核実験(駄々をこねる子供)

回線は回復していないのだが、休んでいる間にも世の中はめまぐるしいスピードで変化していっているので、なんとか都合をつけてブログを再開することにする。

なんと言っても、これには一言つけなければと思ったのが、北朝鮮の核実験について。
このニュースを聞いて、さらに北朝鮮に対して「なにをするか分からない国」、「常軌を逸した国」という印象を持った人も多いだろうと思う。
確かに、安全保障理事会を挑発するように、この時期にこんな暴挙を行うということは、愚行としか言いようのない行動である。

だが、北朝鮮も決して理由なく無軌道に行動しているのではない、ということだけは考えなければならない。
ではなぜ、北朝鮮がこのような行動に走ったのか。
それは、アメリカ、日本、そして頼みの綱にしていた中国の金融制裁という措置により、どうしようもなくなった北朝鮮の、どうにかして自分のほうを向いてもらいたいという行動の一つであると考えられる。
つまり、子供がおもちゃを買って欲しいときに何とかして親の関心を向けようとするのと同じなのである。

ではそういうときに親はなにをするのか。
子供におもちゃを買ってあげる。これは今まで、各国が行ってきた北朝鮮に対する姿勢である。
今はどうか。今はもう、聞き分けのない子供に何も与えないどころか、腹を立てておいて帰ろうとしているところなのである。
だが、その子供が泣くだけならいいのだが、ナイフを振り回そうとした場合、どうすべきか。
それには、いろいろ考え方があると思う。
押さえつけてしまう。懇々と説教をして、なんとか相手にわかってもらうようにする。もっとほかにも選択肢があろう。
だが自分なら、周りの迷惑、そして被害、その子の将来などを考えて、とりあえず子供の言うようにおもちゃを買ってあげて、ナイフを取り上げる。それから、説教をする。このような行動をすべきだろうと思う。

私の尊敬するジャーナリストは、常々こう言っている。
「紛争を解決する方法は3つしかない。悪い方法か、より悪い方法、そして最悪の方法です」と。
よい紛争解決なんてものはないのだから、批判はあって当然であろう。

皆さんの考えはどのようなものですか。
是非聞かせてください。

テーマ:コラム - ジャンル:ニュース

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。