コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!

日々のニュースを私的視点から(なまくらですが)切り込む !! 1分ぐらいで読める分量を意識して書いています。 コメント欄で議論をしあえる場を作っていけたらなと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核実験(駄々をこねる子供)

回線は回復していないのだが、休んでいる間にも世の中はめまぐるしいスピードで変化していっているので、なんとか都合をつけてブログを再開することにする。

なんと言っても、これには一言つけなければと思ったのが、北朝鮮の核実験について。
このニュースを聞いて、さらに北朝鮮に対して「なにをするか分からない国」、「常軌を逸した国」という印象を持った人も多いだろうと思う。
確かに、安全保障理事会を挑発するように、この時期にこんな暴挙を行うということは、愚行としか言いようのない行動である。

だが、北朝鮮も決して理由なく無軌道に行動しているのではない、ということだけは考えなければならない。
ではなぜ、北朝鮮がこのような行動に走ったのか。
それは、アメリカ、日本、そして頼みの綱にしていた中国の金融制裁という措置により、どうしようもなくなった北朝鮮の、どうにかして自分のほうを向いてもらいたいという行動の一つであると考えられる。
つまり、子供がおもちゃを買って欲しいときに何とかして親の関心を向けようとするのと同じなのである。

ではそういうときに親はなにをするのか。
子供におもちゃを買ってあげる。これは今まで、各国が行ってきた北朝鮮に対する姿勢である。
今はどうか。今はもう、聞き分けのない子供に何も与えないどころか、腹を立てておいて帰ろうとしているところなのである。
だが、その子供が泣くだけならいいのだが、ナイフを振り回そうとした場合、どうすべきか。
それには、いろいろ考え方があると思う。
押さえつけてしまう。懇々と説教をして、なんとか相手にわかってもらうようにする。もっとほかにも選択肢があろう。
だが自分なら、周りの迷惑、そして被害、その子の将来などを考えて、とりあえず子供の言うようにおもちゃを買ってあげて、ナイフを取り上げる。それから、説教をする。このような行動をすべきだろうと思う。

私の尊敬するジャーナリストは、常々こう言っている。
「紛争を解決する方法は3つしかない。悪い方法か、より悪い方法、そして最悪の方法です」と。
よい紛争解決なんてものはないのだから、批判はあって当然であろう。

皆さんの考えはどのようなものですか。
是非聞かせてください。
スポンサーサイト

テーマ:コラム - ジャンル:ニュース

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。