コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!

日々のニュースを私的視点から(なまくらですが)切り込む !! 1分ぐらいで読める分量を意識して書いています。 コメント欄で議論をしあえる場を作っていけたらなと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原爆の日に考えたこと

被害者の立場というのは、利用しようとすれば、これほど有用なものがないほどのものであろう。
「私たちはかわいそうだったんだ。」「相手はこんなにもひどいことをしたんだ。」と言い続け、その役に撤すれば、ある程度の無理が通るからである。

日本は第2次世界大戦では、アジア諸国への侵略という「加害者」という立場と、その後のガダルカナル島での玉砕、アッツ・キスカでの全滅、沖縄戦、本土空爆といった「被害者」という立場を持っている。
そして、その「被害者」としての立場の象徴といえば、やはり8月6日の広島、8月9日の長崎における原爆投下であろう。

原爆における物語や絵画、詩などは日本では広く浸透している。
これはやはり、被害者という暖かい毛布の中に日本人が最もうずくまれるから、あれだけの好評を得るのではないだろうか。

これと同じ構造なのが、拉致被害者や犯罪被害者である。
「その人の気持ちになってみると・・・」や「このようなことは許せない」などとよく言われるが、私から言ってしまえば、こんなものは「被害者」の立場を自分たちも共有したいという心理に他ならないのである。

一方で、日本には第2次世界大戦における「加害者」という立場もある。
これにより、中韓から「戦争を反省していない」などと、何かにつけて批判されている。
これに対して「日本は戦後60年戦争に加担せず、常に平和を求めてきた。であるのに、反省していないとは言いがかりではないか」などといった反論もよくなされているが、なんてことはない、ただ中韓も「被害者」という暖かい毛布から抜け出ていないだけなのである。

要するに日本も中国韓国も暖かい布団から出たくないだけなのだ。
であるのに、日本においては「もうそろそろ、戦争の話はやめて建設的な話をしよう」と嫌韓流などで言われるような論調が強くなっている。よく言うよと思う。そういう人に限って、拉致被害者や犯罪被害者を持ち上げ、被害者としての感情を国民に押し付けているくせに。

ただ、直接の被害者については、被害者の立場を主張する権利も義務もあると思う。
だが、それを利用しようとするものがいる限り、こういう主張には共感をいだくべきではないと思う。

そういえば、もっぱら次の総理と噂のあの人も、拉致被害者における北朝鮮への対応で一躍名を上げ、一方で中韓の主張にはことごとく耳を傾けていない。
この人を叩くつもりは毛頭なかったんだけれども、そんな論旨になってしまったなあ・・・
スポンサーサイト

テーマ:コラム - ジャンル:ニュース

コメント

ミクロネシアの小さな島・ヤップよりのsuyapです。TBありがとうございました。
「原爆の日に考えたこと」を拝読いたしました。「被害者として&加害者として」という2つの立場を同時に引き受けることによって現状認識ができるーという思いを共有されているように思いました。しかしながら、(自分の&他人の)痛みに対する人間としての心からの(実存の)叫び、というものが希薄に感じました。大手メディアが垂れ流すそつなくまとめられたコラムは、結局は大きな影の力に利するものとなるように思います。ご健闘を祈ります。

  • 2006/08/09(水) 06:50:38 |
  • URL |
  • suyap #sSHoJftA
  • [ 編集]

二代目、三代目まで影響を及ぼすのです

昨日、出張先の長崎では11:02にサイレンが鳴って、黙祷させてもらいました。
正直、感情的な問題ではないと思います、戦争に関しては。
人が死ぬという事はどれほど大変な事なのかを、先に論じてもらいたかったです。

原爆被災者は二代、三代にまで影響を及ぼしています。
事実、出張先で会われた方の中に、被爆者のお孫さんがおられて、兄弟が白血病に苦しんでいると話されていましたよ。
原爆を落としたアメリカにとって、これ以上の人体実験は無かったのです。
要するに我々はアメリカ人にとって「動物実験用のマウスやモルモット」となんら変わらない存在なのを知っておかないと、アメリカと台頭であるとか同盟国だなんて言っている政治家を信用できない事を自覚できないまま、再び実験材料とされるでしょう。

  • 2006/08/10(木) 10:53:31 |
  • URL |
  • M #mQop/nM.
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wnhms622.blog21.fc2.com/tb.php/112-9649ea57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

原爆の日

8月6日の暑い朝広島に原爆は投下されました。筆者は過去のある時期、広島の街に住んでいた事があります。この広島は長崎と違い、正に「原爆の街」です。もし、あの日がなければ、広島は中国地区にある、特に何の特徴も無い平凡な地方都市であるは...

  • 2006/08/08(火) 22:23:21 |
  • しっとう?岩田亜矢那

太平洋戦争は避けることができた@ヒロシマ

また8月6日がやってきた。広島で生まれ育った者にとっては、どこに住んでも毎年この日だけは「ただの夏の1日」では終わらない。黙祷するでも何をするでもなくても、心のどこかに「今日は8月6日だ」という思いが引っかかっている。61年前の今日、よく晴れた暑い夏の1日が始ま

  • 2006/08/09(水) 06:52:41 |
  • ミクロネシアの小さな島・ヤップより

小学生よりお粗末、小泉の式辞

 TVで広島の平和祈念式典の中継を見た。小泉の式辞は小学生が読んだ「平和の誓い」よりお粗末だった。

  • 2006/08/09(水) 09:28:14 |
  • ねじれ川柳惑星

昨日は「8月6日」だったのだが・・・

 昨日は、被爆から61年がたっての原爆忌である。昨年が「戦後60年」の節目の年だった後だけに改めて強調する訳ではないかもしれないが、この時期になると「戦争とは、平和とは」というのを考えさせられる。 今年

  • 2006/08/10(木) 21:50:19 |
  • Re:F's blogroom

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。