コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!

日々のニュースを私的視点から(なまくらですが)切り込む !! 1分ぐらいで読める分量を意識して書いています。 コメント欄で議論をしあえる場を作っていけたらなと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨーク2日目

グランウンド・ゼロに来てみてまず最初に思ったこと。
それは、8月15日に行った靖国と同じだなということ。
ここに来れば、加害者である自分たちを省みることなく、被害者としての自分を確認できる。
そして、被害者という立場が、自分たちが何をしているのか、何をしてきたのかという傷にかさぶたをするように、すべてを覆ってくれる。自分たち自身がその傷をつけたことも忘れて。
そして、そのような被害者を誇張する形で群がるメディアたち。
CNNは朝からぶっ続けで特集を組み、ほかの局も軒並み大々的に取り上げている。
現場には、NHKやテレビ朝日などもいて日本も参戦していることがわかる。

しかし、ここではまだ靖国よりましな点がある。
表現の自由が守られていることだ。
靖国では、靖国史観よりの表現については、堂々と境内でアピールし、さらには署名まで募っていたが、反対派は境内にさえ入れてもらえなかった。
ここグラウンド・ゼロでは「タリバンをぶっ潰せ」といった表現も、「テロはアメリカ政府が仕組んだことだ」といった表現も自由になされている。

私は常々思う。偏ったものがたくさんあり、それらがそれぞれ何の制限なく表現ができる。それこそが、本当の表現の自由のある国なのではと。

「アメリカ陰謀説」を主張している人に話を聞いてみると、数年前はこのようなことを言うことすらできなかったという。
そういう意味では、アメリカは表現の自由のある国に戻ってきているのではないだろうか。
一方で、いかに日本が危ない領域にノーブレーキで突っ込んでいっているかがよくわかってくる。政府のあからさまな言論を封じる数々の法案、加藤紘一氏の言論に対する威嚇、それに対する首相の遅い遺憾の意など、本当にブレーキのかかるそぶりもない。

やはり、今の日本はとんでもなく危険な水域にまで達している。
そう考えさせられた、9・11の現場であった。


DSC03779.jpgここに、あの大きな2つのWTCビルが建っていたとは思えないほど調和した感のある跡地

DSC03781.jpg来訪者たちが置いていった花束

スポンサーサイト

テーマ:コラム - ジャンル:ニュース

コメント

--

確かにこの国の言論のあり方や、マスコミのあり方は異常な状態になっています。 貴方の投稿記事とは意味合いが少し違うのですが、私の記事をここに載せさせてもらいます。
----------
今日はここで実像と虚像について考えてみたいと思う。

9月10日付けの朝日新聞には、ある世論調査の結果が総合面トップに掲載されていた。国の代表に誰がなってほしいかという類の調査であった。A氏支持が圧倒的に多く、その理由が「人柄やイメージ」が驚くことに44%にものぼっていた。そのくせA氏の政権公約の内容を「知っている」と答えた人はわずか10%であった。残りは「発表したことは知っている(が内容は知らない)」61%「(発表したことすら)知らない」27%であったという。

ここに現在のこの国の危険度が如何に高まっているか、如何に国民が盲目的になっているか、を感じない訳にはいかない。会ったことも、話したことも、接したこともない人間を、「人柄やイメージ」で捉えてしまう。当然会ったこともない人間のイメージとは、マス・コミュニケーション(マスコミ)を通じて得た情報である。そしてそれを盲目的に信じ、その人物がどのような考えを持ち、どのような政策を掲げているかも理解しない(ままの)状態で、その人物支持をする。この種の傾向が、近年非常に多くなっているように感じる。情報が溢れ、自室に篭りながら世界中の情報が手に入るようになった現在、実像(自分が直接触れ・感じて得る判断)ではなく、虚像(間接的に与えられた情報から、物事を判断しなけれなばらない判断)が必然的に膨大に増えた。それは今の世では仕方がないことである。しかし、この虚像の危険性を認識しないまま、又与えられた(間接的)情報に流され、その人物の考え方や言い分を吟味しないまま、「人柄やイメージ」が先走る傾向に、私は警笛を鳴らしたい。

ある野球児や芸能人などの場合も同じである。しかしそれならまだ可愛いものだと済ませられるかもしれない。だが、その虚像で選ばれる人物が、国の代表になり、国の舵取りをするような時代になってしまった。昔からそのようなことはあっただろうが、近年の傾向は明らかに異常である。私はこの先走るイメージに危険を感じていない多くの人に、今一度、実像と虚像のことを考えてもらいたいと切に願って、この記事を書いた。

  • 2006/09/21(木) 12:41:26 |
  • URL |
  • 青い空 #-
  • [ 編集]

ビジネスコンピュータ技能検定試験

ビジネスコンピュータ技能検定試験とは、ワープロソフトや表計算ソフトなどのソフトの活用能力を問う検定試験 http://mannerly.wglorenzetti.com/

  • 2008/08/28(木) 20:07:36 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

システムインテグレーションで中高年の転職

システムインテグレーションとは、情報システム導入における一連の作業(業務分析、設計から保守運用までの一覧の作業)を一括して特定の業者がサービス提供することを言う http://sapo.ellingtonrecords.com/

  • 2008/10/29(水) 19:41:01 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wnhms622.blog21.fc2.com/tb.php/124-ec75a2bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。