コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!

日々のニュースを私的視点から(なまくらですが)切り込む !! 1分ぐらいで読める分量を意識して書いています。 コメント欄で議論をしあえる場を作っていけたらなと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女系天皇容認論について

 ここ数日の間に、共同、毎日、読売といった大手メディアが皇室典範について、一般のアンケートをとっているので今回はそれを紹介しながら話をしていきたい。

           共同     毎日    読売
女性天皇賛成   75・3%  85%   73%
女系の天皇容認  71・9%  71%  60%
長子優先       43・3%  54%  37%

まとめるとこのようになり、大体似た感じの数字が出ているので、ここら辺が世間の思っていることとみて間違いないだろう。

まず7割から8割の日本人が賛成している女性天皇であるが、これについては過去にも持統天皇、孝極天皇など女性が天皇になった例が見当たるので、これに関しては私も賛成である。

しかし女系の天皇を容認するということに関しては少し趣が異なる。
いままで、天皇という制度が発足して以来、全て男系の天皇しか認めてこられなかったのだから、これを壊すというのは大きな問題ではないか?

こんなことを書けばいろいろとクレームをつける人もいるかとは思うが、私は天皇というものを一種の文化遺産と同じように捕らえている。
日本国憲法上「象徴」とされている天皇は、私にとっては五重塔や金閣寺といった文化遺産と同様の意味合いを持っているのではないかと思う。
つまり、そこに歴史があるから税金をかけてまで守っていくべきものと考えている。

そして、そのような歴史があるからこそ人々から親しまれ得るのではないか?
例えば金閣寺にしても、当時のつくりと全く別物にして、金閣寺と同じところに作ったからといって誰か観に来る人はいるだろうか?
池田屋跡が無残にもパチンコ屋になってしまっているので、だれも観にこないことを思えばすぐに解る事ではないか

天皇家が親しまれなくなって、天皇制がなくなったとしても私には全く持って関係ないが、一つの文化遺産を失うというのは日本国民としては少し寂しく感じる。
スポンサーサイト

コメント

ーー;

「まず7割…」から始まる第3段落目。
「女性が天皇になった例が見当たるので、これに関しては私も賛成である」
 ↑
過去に例があるからというのが、貴方の賛成理由なのですか!?笑
別に人の信条や意見にケチをつけるつもりは全くありませんが、コラムとして己の意見を書く場所での発言としは、“右にならえ”的で少し軽率な印象を読者に与えます。ま~、「僕がそう思っているのだから、放っておいてくれ」と言われれば、それまでですがね。笑

  • 2006/03/14(火) 19:20:31 |
  • URL |
  • 青い空 #-
  • [ 編集]

コメントありがとうございます。

賛成というのは少し御幣のある言い方でしたが、「改正したなら、反対しうる理由がない」という意味で書きたかったのですが、アンケートの体裁にあわせて「賛成」と表記しました。
ここは言いたいところではなかったので、文字数を減らして流すつもりで書きましたが、そこに違和感を感じたのならばもう少し説明をつけるべきでした。

  • 2006/03/15(水) 17:18:05 |
  • URL |
  • 中川 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wnhms622.blog21.fc2.com/tb.php/18-f952112f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本当にやりそうで怖い・・・

異常そのものの小泉首相と、その首相を支持する反日分子にはもう我慢ならない。民主主義の究極的堕落をもたらす小泉政権には断固反対する!

  • 2005/12/17(土) 15:49:08 |
  • 三輪のレッドアラート

皇室典範に関する有識者会議報告書五

 現行皇室典範は以下の三点に於て明らかな男女差別である。一、皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。二、皇族女子は、天皇及び皇族以外の者と婚姻したときは、皇族の身分を離れる事が出来るが、皇族男子は皇室会議の議を経なければ皇族の身分を離れる事が..

  • 2005/12/17(土) 17:49:55 |
  • 悪の教典楽天市場店

はじめに

 皇室典範会議から報告書が出され、近い内に国会への改正案提出に向けて準備に入った...

  • 2005/12/18(日) 01:18:16 |
  • 皇統断絶問題TBセンター

謹賀新年 平成18年元旦

謹賀新年 平成18年元旦 安倍晋三氏よ、いざとなったら職を賭して闘え(一)  ...

  • 2006/01/01(日) 18:08:37 |
  • 西尾幹二のインターネット日録

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。