コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!

日々のニュースを私的視点から(なまくらですが)切り込む !! 1分ぐらいで読める分量を意識して書いています。 コメント欄で議論をしあえる場を作っていけたらなと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年を振り返って

今年になって初めてのコラムになるのだが、これといって世相を映し出すようなニュースが見当たらないので、今回は遅くなったが2005年のまとめという形で書かせていただこうと思う。

2005年を一言で表すと「脱」の年だったのではないかと思う。

いいところから言えば、平均株価が15000円を越え、一時の不況から脱した年であると評価できるであろう。
また、それを受けて新規雇用が増えだし、一部の企業では募集人員より応募が少ないという事もあるようになり、脱失業時代の起点になった年といえるのではないかと思う。

一方、4月そして年末に列車の脱線事故が起こり、普段の移動における安全への不安が生まれた。

また、ライブドアの放送局買収、村上ファンドのさまざまな動きなど、脱法ではないが現在の証券市場の抜け道をつくことにより莫大な利益を上げ、また建築士の耐震構造書類偽装が表面化するなど職業倫理から逸脱した行為が世の中を騒がせたのもこの年の特徴ではないだろうか。

「平和大国日本」といわれたのはもう昔の話で、小学生の下校時が狙われる事件が頻発し、子供を持つ親たちにとっては自衛のための手段を考えていかなければならなくなり、脱疽してしまった日本社会を改めて認識することになった。

そして、選挙で圧勝した自民党はその勢いで憲法を変える手筈を整えてきたのが、後に歴史家が見た場合、戦争へ向かうほうへ大きく傾いた年だったと評価されるのだろう。
戦争をしないという理想を追及した憲法から脱出し、ただのよくある「普通の国」にランクダウンを自民党は狙っているのだ。

2006年、今年はこの流れを引き継ぐのか、それとも違う流れになるのかまったく持って予断を許さないが、大きなターニングポイントになるのは間違いないのではないだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

T_T

『大きなターニングポイントになるのは間違いないのではないだろう。』
 ↑
最後の文。

年初めのコラムにあろうことか…。最後の一文字「か」が抜け落ちているのでは? 爆笑

  • 2006/03/15(水) 19:14:17 |
  • URL |
  • 青い空 #-
  • [ 編集]

ワードに一度下書きして、コピペで文章をあげているので、最後の一文字を忘れていたみたいです。爆笑
気づいていただいてありがとうございます。

  • 2006/03/15(水) 21:55:52 |
  • URL |
  • 中川 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wnhms622.blog21.fc2.com/tb.php/26-56ecb964
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。