コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!

日々のニュースを私的視点から(なまくらですが)切り込む !! 1分ぐらいで読める分量を意識して書いています。 コメント欄で議論をしあえる場を作っていけたらなと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増税試算の狙いどころ

人の「心理的ものさし」をついた本当にいやな作戦である。

先日、財政制度等審議会が将来の増税を示唆する財政の長期試算を発表した。
これを新聞等で見て、「ここまで来ているのか」と感じた人も多いだろう。

彼らの出した試算は、歳入増だけで財政を再建しようとした場合、消費税について「2011年度は10%程度、15年度は17%程度の税率引き上げ」が必要になる、と記述している。つまり、消費税率を2011年度に15%、2015年度で22%にするという計算である。

逆に、歳出削減のみでの対応を見ても、恐ろしい限りだ。
医療費の自己負担額が2011年度に現行の1.3倍、2015年度に1.5倍、介護に関する自己負担額が、2011年度に現行の1.5倍、2015年度に2倍という試算が出ている。
詳しくはこちら

まあ、実際は歳出削減と増税を組み合わせて財政の再建に当たるのであるので、このような数字にはならないが、この数字は大きな意味を持っている。

例えば、車を買ったとする。そのときにいろいろとアクセサリーを紹介されるのだが、車販売店にとってこれが結構いい利益になるらしい。冷静になって考えてみると、後で車用品店などに行けば種類も豊富にあるであろうし、より安く入手することができるかもしれない。
だが、百万単位の数字の前には数万円という値段がなんとなく安く感じてしまい、買うことを決めてしまう人が多いらしいのだ。
このように、人の「心理的ものさし」は前に出された情報によって、伸びたり縮んだりするというのだ。そして、これは心理学の初歩だけにその効果も大きい。

これを今回の試算に当てはめてみると消費税UPにしても、ここで桁の違う3パーセントアップの8パーセントという数字を実際に出すと、少なく見えてしまう。
また、医療費だって現行の1.05倍という数字にするとかなり少ない感が漂ってしまう。

よくテレビなどの街頭インタビューなどで「今の国の財政を見ていれば、増税は避けられない」と物知り顔で答える人がいるが、彼らはこの罠に完全にはまってしまっているのだろう。

国の増税大作戦は、手を変え品を変え、さまざまな形でわれわれに負担増を求め続ける。
まるで江戸時代の「百姓は生かさず、しぼれるだけしぼりとれ」とでも思っているかのように・・・
スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

コメント

黙っているけど

 借金が多いので、税金上げなければこうなるよ、という、一種の脅しですよね。マスコミも増税しかたないのかな、国民よどうする、と選択を迫っているよう。
 でもちょっと待った!こんな借金作ったのは誰?国民が無駄と言ってもやめなかった長期政権政党です。内輪もめでなんか生まれ変わったような印象を受けてしまってますが、増税して税収が増えてもやっぱり借金制作政党には変わらない。
 増税を言う前に、今までの無駄遣いをしっかり分析して国民に現員を説明して土下座してでも謝罪してから(ホントは補償してほしい)二度としないと約束してほしい。いま、アメリカ牛肉輸入の問題究明のように。
# 結構中途半端に再開しそうですが・・・^^; <輸入
国民がそういうところ、すぐごまかされちゃうんですよね<自己責任?

  • 2006/03/30(木) 15:29:45 |
  • URL |
  • と #-
  • [ 編集]

コメントありがとうございます。

確かに長期政権政党が借金を作ったように見えますが、私がこの文章の中でも政権という文字を使ってないのは、政権よりもむしろ官僚たちに問題があるからと言う考えからです。

先日も、公務員純減で各省庁は「ゼロ回答」をだしました。こんなにも国の財政が窮迫しているにもかかわらず、自分たちの利権だけは守りたいという意識の表れです。

橋本政権下の行革で無駄だとして廃止になったはずの部署も、名前を変えることによって生き残ってると言います。

公務員全体にいえることですが、取ってきた予算は全部使い切らなければ、来年度の予算が削られ、それだけ自分たちの地位が失われると考えています。
その構造をなくすためにも、節約した分はそれだけ評価するようなシステムを作っていかなければならないのではと考えます。

  • 2006/03/31(金) 11:33:57 |
  • URL |
  • 中川 #-
  • [ 編集]

^^


『取ってきた予算は全部使い切らなければ、来年度の予算が削られ、それだけ自分たちの地位が失われると考えています』

いやはや、まさにその通りですよ。昔、県職員と仕事をした経験があり、そのときそれを痛感しました。私が垣間見た組織は、かなり異常・おかしかったですよ。それなのに本人たちはそれに気づいていない。気づいているとしても直せない。変な組織でした。(あくまでこれは私個人の体験談ですがね)

  • 2006/04/08(土) 21:21:11 |
  • URL |
  • 青い空 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wnhms622.blog21.fc2.com/tb.php/56-06b7c3cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。