コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!

日々のニュースを私的視点から(なまくらですが)切り込む !! 1分ぐらいで読める分量を意識して書いています。 コメント欄で議論をしあえる場を作っていけたらなと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良市小1女児誘拐殺害事件から1年

 奈良市で小学一年生の女の子が下校中に誘拐され、殺害された事件から今月17日で発生から一年となった。
この事件において、その後よく聞く話として小林被告を雇っていた新聞販売店が毎日新聞の販売店であったことから、各社のこれにかこつけた「購読者狩り」が行われたということだ。人によっては「毎日新聞を取っているのは、犯罪の片棒を担ぐようなものだ」的なことを言われたということまで聞いている。

しかし、どこの新聞の販売店だろうと似たようなもので、配達員たちの身元まで調査しているところは少なく、小林被告が朝日だろうと読売だろうといてもおかしくなかった。つまりただ、弱みにつけこんでいじめていたに過ぎないのだ。

弱みに付け込むというのは、新聞社の習性かもしれない。実際、尼崎の脱線事故があったときJR西日本の会見の席で相手が言い返せないのがわかっていて、読売新聞の記者が尊大な態度をして問題となった。
また、NHK問題において朝日新聞の検証記事があまりに中途半端で終わってしまっているのをみると、毎日新聞などは一面にそのことを持ってきて、社説でも「これで新聞社といえるのか」などと述べている。
確かに、朝日の検証記事はまったく検証にもなっておらずひどいものであったが、それなら毎日新聞は独自に調査をして発表すればいいのだ。それをせずただ批判しているのは弱みに付け込んでいるに過ぎない。

社会に向けて情報を発信する新聞社においてこのような弱いものいじめが横行しているのに、社会を反映する子供に対して「いじめをなくそう」などといっても子供が振り向かないのは当然ではないか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wnhms622.blog21.fc2.com/tb.php/7-0e894885
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。