コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!

日々のニュースを私的視点から(なまくらですが)切り込む !! 1分ぐらいで読める分量を意識して書いています。 コメント欄で議論をしあえる場を作っていけたらなと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法施行59周年

今日は憲法記念日ということで、やはりこういう時にしか具体化しない憲法について私の思うところを短めにまとめてみたいと思う。

まず初めに断っておくと、わたしは根っからの護憲派ではない。
むしろ、憲法改正をしたほうがいいとさえ思っている。
しかし、今の自民党が出している新憲法案の流れの上での改憲には反対である。
そもそも、今の改憲派がよく言う「現実とあわなくなってきている憲法を現実にあわすために改憲が必要である」という論理には真っ向から反対である。
というのも、憲法はほかの法律とは異なり、そもそもその国の理想を掲げており、またこの理想に向かって政府は邁進しますよという国民への約束であり、一方で諸外国に対する宣言であるという性質を持っているのだ。
であるにもかかわらず、現実にあわせるというのはそもそも憲法というものを学んだことのない人間の言葉であるとしか思えない。
しかしながら、その理想を掲げた条文があいまいであるがゆえに、特に9条に関して不当な拡大解釈がおこなわれ、いまやイラクや諸外国から見れば占領軍としか見えないものを送ってしまっているのも事実である。
であるならば、その理想を担保するためにも厳格な条文を規定すべきであると考えている。
これを私は今の改憲論と区別するためにも「理想的改憲論」と呼び、自民党などが推し進める改憲論を「現実的改憲論」と呼ぶことにしている。

しかし、ここで考えねばならないことがある。
そもそも、昨年末自民党が出した新憲法案はその名でもわかるように「新しい」憲法案なのだ。けして改正ではない。つまり、日本という国においては大日本帝国憲法、日本国憲法に並ぶ3つめの憲法を意識しているのだ。
これはやはり、アメリカから「押し付けられた」という意識から抜け出るために自主制定憲法と位置づけたいためであると考えられる。
しかし、よく考えて欲しい。
憲法を新たに制定することというのは、国体を変更することであり、言い換えればクーデターを狙っているということである。
今の自民党は堂々とクーデターを宣言しているに等しいのだ。
これを、誰も咎めようとしないのはどうしてなのか。
今、国を愛する心が必要であるというならば、この自民党の国家転覆宣言を責めずしてなにを責めるというのだろうか。
これらを考えたとき、私が呼んでいる「現実的改憲論」という言葉はむしろ「クーデター改憲論」と呼んでしまったほうがいいのかもしれない。

短くまとめると最初に書いてみたのだが、総論的な話だけでつらつらと長引いてしまい、自分の思いの10分の1も出せないうちにこんな長文になってしまったのでここら辺で終わるが、また機会があればこのブログ上で述べたいと思う。


DSC03483.jpg自民党の新憲法案(全文読んだことあるのは何%ほどなんだろう?)

スポンサーサイト

テーマ:コラム - ジャンル:ニュース

コメント

うけうりですが。。。

[学問の自由]学問の自由はこれを保障する。
 憲法ができたいきさつはテレビで特集をしていて見ましたが、ほんとのところはやっぱりなぞですね。でも、つくった人の心意気がこもってると思うのがこの条文です。なのに今回の素案では文面が変更されます。
 憲法の全文中、最も文化伝統に近い学問に関するこの条文だけが、五七五なんだそうです。

  • 2006/05/11(木) 18:30:18 |
  • URL |
  • info_opu #7MgDgv7k
  • [ 編集]

ほ~
そうなんですか

なかなか興味深い考察ですね。
学問=国の文化教育だけは守り通したということですか・・・
しかし、五七調にこだわりすぎて、拡大解釈しやすい文面になっても問題ですので、それを基に自主制定憲法ではないというような論に惑わされてはいけないなと思いますね。

  • 2006/05/13(土) 13:43:07 |
  • URL |
  • 中川 #-
  • [ 編集]

^^?

『しかしながら、その理想を掲げた条文があいまいであるがゆえに、特に9条に関して不当な拡大解釈がおこなわれ、いまやイラクや諸外国から見れば占領軍としか見えないものを送ってしまっているのだ。』
↑(2段落、下から8行目)

著者の書きたい内容も、意味もわかることにはわかるのですが…。第3者が読んで、「ん?」と思うと思いませんか?
「占領軍としか見えないものを送って…」
前後を読んでみても主語がないため、「もの」とは?
「送ってしまって」いるのは何なのか。

  • 2006/05/21(日) 02:36:46 |
  • URL |
  • 青い空 #-
  • [ 編集]

青い空さん

お久しぶりです。(^o^)/
一番の読者である青い空さんに見捨てられたのかと思って、少し不安でしたよ(笑)

文章のつながりが少しおかしいですね。
直しておきました。
「もの」とは自衛隊なんですが、自衛隊は軍隊ではないとの抗弁を受けそうなので、ここではあえて「軍としか見えないもの」としておきました。
ということで、わざわざ主語をつけなくてもいいのではと思い、「日本」:「われわれ」という主語をつけないでおきました。

  • 2006/05/22(月) 12:39:07 |
  • URL |
  • 中川 #-
  • [ 編集]

ーー;

お久しぶりです。でも毎日のように読んでいますよ。笑 

『占領軍としか見えないものを送ってしまっている』
あの…ということは…、「送ってしまっている」というのは、物理的に自衛隊をイラクに派遣していることを「送る」と言っているのですか? 私はてっきり“(イメージを)与えてしまっている”というような意味での「送る」だろうと解釈していました。「占領軍としか見えないもの(部隊を)送ってしまっている」
「占領軍としか見えないもの(イメージを)送ってしまっている」 どちらも意味が通じると思いませんか?「もの」を直前にもってきていることで、何を「送ってしまっている」のかがすごく読者にしてみれば曖昧なのです。お分かりでしょうか。

  • 2006/05/22(月) 19:09:24 |
  • URL |
  • 青い空 #-
  • [ 編集]

そういわれればそうですね。
イメージを与えてしまっているのも事実ですし、どちらに取られても仕方ないというご指摘は最もだと思います。

しかし、その前の「特に9条に関して不当な拡大解釈がおこなわれ」という部分から、自衛隊が海外派遣されるということに対して言っているのだと解釈していただければ幸いですけれども・・・

ただ、「送る」という文言よりは「派遣する」、「駐留させている」という言葉を選らんだほうが適切でしたね。

  • 2006/05/23(火) 15:25:01 |
  • URL |
  • 中川 #-
  • [ 編集]

^^

『特に9条に関して不当な拡大解釈がおこなわれ、いまやイラクや諸外国から見れば占領軍としか見えないものを送ってしまっているのも事実である。』

『その前の「特に9条に関して不当な拡大解釈がおこなわれ」という部分から、自衛隊が海外派遣されるということに対して言っているのだと解釈していただければ幸いですけれども・・・』

納得がいっていないようなので、(しつこいと思われるのを承知で)もう少し丁寧に説明しておきます。

やっぱり物理的に自衛隊をイラクに派遣していることを「送る」と言っていたのですか…。
占領軍という言葉が自衛隊のことを指しているのは、前に第9条のことが書いてあるので当然理解していました。ただ非常に文が理解しにくいものであり、繰り返し読むことで、私は以下のように解釈したのです。

“自衛隊は、もちろん占領軍ではないのだから、そうではないのにそのように見えてしまう印象(イメージ)を与えてしまっているという意味なのだろう”、と。書き手からすればこうとしか意味がとれないだろうと思って書いていても、(抽象的な言葉を説明を加えずにつかえば)、読み手は混乱します。コラムニストは政治家(言葉で人を煙に巻く)ではないのだから、的確に表現することが大事だと指摘したかったまでです。

  • 2006/05/24(水) 13:13:02 |
  • URL |
  • 青い空 #-
  • [ 編集]

そうですね

的確な表現、誤解されない表現というものを追求していかなければなりませんね。
迂遠な表現とよくこき下ろされますが、そういうところにも原因があるのだとわかりました。
もっといい表現を求めて、新聞、本、論評、コラムなどにもっと注視して表現の仕方を学ばなければならないと痛感しました。ありがとうございます。

  • 2006/05/24(水) 20:04:35 |
  • URL |
  • 中川 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wnhms622.blog21.fc2.com/tb.php/71-0bb80404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現憲法「施行59年」に寄せて

今日は憲法記念日である。現憲法は誕生後59歳?になりました^^今この憲法を改憲して「権力者に都合のいい憲法」に変えようとしています。我が日本の政治家どもが、この民主的な憲法の下で選ばれたことを忘れているのか?まことに不可思議な「改憲」行動に一生懸命です。

  • 2006/05/05(金) 21:51:38 |
  • 私もひとこと言ってみる

今なら引き戻せると信じて  ~憲法記念日に、改めて日本国憲法の理念の実現を願う~

<3日10時、タイトル変更&後半部分(軍縮について)、最後に憲法に関する各党のアピールを追記しました。>  今日5月3日は、憲法記念日~私の愛する日本国憲法の59回目の誕生日~である。そこで、今回は久々に憲法に関することを書いてみたい。関連の過去記事<コ

  • 2006/05/05(金) 21:51:48 |
  • 日本がアブナイ!

今日は憲法記念日でした。

憲法記念日。護憲、改憲いろいろです。

  • 2006/05/05(金) 23:16:23 |
  • 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!

憲法という語

今日5月3日は「憲法記念日」であります。現在の『日本国憲法』が施行された日だということで、この日が充てられております。多分にほとんどの人は、ゴールデン・ウィークの連休くらいにしか思っていない可能性もありますけれども。。。拙僧も、こんなブログをやってなけれ

  • 2006/05/05(金) 23:24:23 |
  • つらつら日暮らし

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。