コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!

日々のニュースを私的視点から(なまくらですが)切り込む !! 1分ぐらいで読める分量を意識して書いています。 コメント欄で議論をしあえる場を作っていけたらなと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在の世の中に悩む

韓国の平沢(ピョンテク)基地での衝突には、総勢1200人のデモ隊が集まり、また若者も多く参加していました。一方、日本は総額3兆円という米軍の引越し代を要求されても、なにひとつ動こうとしていません。そういう自分を含めた、日本の若者に失望感を感じています。

どこを契機に日本の若者は動かなくなったのか?そして、若者だけが悪いのかということをずっと考えこんでしまう日々です。

動かなくなった理由として私があげられる理由としては、やはり怒りを感じないからなのだと思う。
ではなぜ怒りを感じないのか?
それはやはり、自分のこととして認識できないから。
ではなぜ、自分のこととして認識できないのか?
それこそが平和ボケといわれるものなんだろうと思う。

しかし一方で、平和にぼけられないような世の中になることは私は望まない。
いまから、そのようになるということは、確実に世の中が悪くなっているということだからだ。
それでは、平和ボケと世の中の動きに敏感に反応できるということは、相対することなのか?
これらは、私の中で何度も反芻して問いかけていることなのである。

なかなか複雑で、自分の中でこんがらがっていることをこのブログでさらけ出したわけで、ほんとに恥ずかしいが、これらのことについて何か意見のある人はコメント欄に書いていただけるとありがたく思う。
スポンサーサイト

テーマ:コラム - ジャンル:ニュース

コメント

自暴自棄!?

>怒りを感じない
>自分のこととして認識できない
>平和ボケ

今の若者が動かなくなったことについて、確かに一般的には平和ボケがあるのだろうと思います。ただ私個人の話をさせてもらうと、私を覆っている憂鬱さは「結局何も変わらない」その一点だけです。何が変わらないのかと説明しだすと、あまりにも話題が大きくここでは出来ませんが、無力さが私の中で常に勝つのです。

人類が大変な方向に進んでいるなという認識がある一方、私がとやかく言ってみても自分が虚しくなるだけ、それなら傍観者を続けようかと。必死に変えなければ!と思えない。答えがわかっているから。(少なくともそう思ってしまうから)くるべき時期がきたら、自分が死んでおしまい。後のことは知らない。それが本音です。カナシキコトカナ

  • 2006/05/11(木) 02:13:49 |
  • URL |
  • 質問君 #-
  • [ 編集]

大判振る舞い

 その後、金額は個人的なものとかちょっと尾をひいてはいますが。
 国民はちょっとのことでも徹底的に税金や使用料なんかを取られているのに、一人の担当者が数時間話し合っただけで3兆円(大阪府の一般会計と同規模?)にウンといえるものなんでしょうか。
# 最も事務折衝はあるのでしょうが。。
 銀行の不良債権支援のときの1/10とはいえ今回とを対比させるとやっぱり疑問が残ります。
 1兆円以上の判断には国民投票でも導入してほしいです。

 動けないのはもはや手段を忘れてしまったから?身体を動かすことのない日本人にはデモや集会なんてもはや不可能なのではないでしょうか(自虐的に)。
メーデーにいったかと聞かれれば、今年はいっていませんから。。。

  • 2006/05/11(木) 18:47:38 |
  • URL |
  • info_opu #7MgDgv7k
  • [ 編集]

>無力感
そうですね。私も無力感にさいなまれることは多々ありますが、幸いにも私の周りには世の中のことを真剣に考えている人がたくさんいますので(5月15日のイベント発言者のような)、私はそこでやる気を復活させます。
質問君さんも、そのような熱気にあたってみれば無力感から開放されるかもしれませんよ

>手段を忘れたから
そのとおりだと思います。忘れたとはいかないまでも、行動を起こすことに対して敷居が高くなっている。距離が遠い。そういうことだと思います。
ではそれに対してどうすればいいのか?
それは、難問でまだ私は答えを導き出せません。

  • 2006/05/13(土) 13:59:19 |
  • URL |
  • 中川 #-
  • [ 編集]

本を読んで

たまたま最近本を読んだので。

心理学でいう「学習性無力感」。期待通りに状況が変わらなかった経験を(繰り返し?)もち、悲観的な認知をし、別の状況においても改善行為が見られなくなること。(福祉時代の心理学・ぎょうせい)こうした行動の問題は、それだけにとどまらず、「認知機能の障害や自尊心の低下、深い悲しみの感情や、意欲の減退、免疫機能の変化や身体的な疾患につながる場合もある」。あ~心理学の再復習って感じですけど、耳に痛いですね。でもこのコラムを読んでいて、少しは私も何かをしなければと感じるようになりましたよ。

  • 2006/05/14(日) 17:38:06 |
  • URL |
  • 質問君 #-
  • [ 編集]

コメントありがとうございます

そういっていただけるととてもありがたいです。
こんなブログでも、何も反応がないと少し「無力感」を感じますので、そういっていただけるのはとてもやる気になります。
ありがとうございます

  • 2006/05/16(火) 11:24:50 |
  • URL |
  • 中川 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wnhms622.blog21.fc2.com/tb.php/73-6ffcce74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。