コラムニストになるために書く訓練をするのだ!!!

日々のニュースを私的視点から(なまくらですが)切り込む !! 1分ぐらいで読める分量を意識して書いています。 コメント欄で議論をしあえる場を作っていけたらなと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扶養控除、成人ニート対象外に

私は「歴史おたく」と言ってもいいほど歴史関連のものを、見たり聞いたりするのが好きである。
読んだ歴史小説などは数にして100は超えているし、時代劇などもアクション時代劇などはあまり好まないが、歴史の基づいたものは欠かさず見るようにしている。

もちろん、NHKの大河ドラマは王道であり見逃すわけにはいかず、出かけるときは急に何か仕事が入るかもしれないので予約をしてから出かけるほどである。
今、放送している「功名が辻」は司馬遼太郎原作ながら、山内一豊とその妻千代が主人公であり、マイナーな物語といってもいい。しかし、時代背景自体に力があるので、なんとか持ちこたえている感はある。

その、大河ドラマの今週の放送(5月21日)は、三木城の兵糧攻めの話であった。
兵糧攻めは血を流さず、情け深い戦法であるという一豊に、食べ物がなくてふらふらになった旧知のくのいち、こりんがこんなに非人道的な戦はないという場面がメインだった。こりん役の女の子が兵糧攻めで食べ物がなかった割には、ふっくらとして若さがはじけていたのがひっかかったが、まあそこは目を瞑っておこう。

兵糧攻めといえば、今週、自民党が国民に対して兵糧攻め作戦を練っていることがわかった。
所得税の扶養控除(1人当たり38万円)に年齢制限を新設し、成人したニート、フリーターを対象から外す方向で検討に入ったのだ。
これの狙いはあくまでもフリーター、ニートの就労を促進するためだというが、そのようなことをしたところで今のフリーター、ニートに就労意欲がわくとは到底思われない。
けっきょくのところ困るのは抱えている親であり、本人にはなんら影響はない。
親が困って子供に就職しろというプレッシャーをかけるかもしれないが、そのようなことが影響力を持つならば、こんなに深刻な問題とはなっていないだろう。

では、なぜ自民党がこのような政策をおこなおうとしたかを推測してみる。

少子化になれば「働き手」の総数が減り、困る。だから増やさないといけない。
とはいっても、働かない人は要らない。やつらをなんとかして「働き手」に変えなければ。やつらが働かなくても食っていけるのは親が食わしているからだ。それならば、親と断絶させる方法を考えよう。その一歩として、扶養家族とする必要はない。

このような考えの流れになっているのだろう。結局のところ、自民党も政府も国民を税金を納める「働き蟻」ぐらいにしか思っていないことから来る短慮。それが彼らを動かしているのだ。

兵糧攻めがいけないとは思わない。時にそれが効果を表すことはある。
ただ、効果のないことがわかっている兵糧攻めはただの虐殺、虐待でしかない。

我々はいつまでこの虐待に耐えねばならないのだろう。
スポンサーサイト

テーマ:コラム - ジャンル:ニュース

コメント

お初です~。

お初です。
グレンと申します。
偶然こちらのこのコラムを拝見させていただきました。

私的には、今回のニートに対する兵糧責め、なかなかの妙案だと思いました。
まぁ、稼げていないが頑張っているフリーター達にはちと厳しいものを感じましたが。

というか、中川さんの仰る通り、ニートというよりは親への圧迫ですよね。

私的にはそこに制裁的な狙いがあると思うんです。
これはもう、昨今の親に対する罰則規定みたいなものではないか、と。

様々な育児概念があるとは思いますが、最終目的は自立へと駆り立てることではないかと個人的に考えています。

手に職がつきづらい時代だからこそ、この時代を見据え、職を持たせる為のコーチング力が親には必要不可欠だったのではないでしょうか。
それを持たずにして、または模索することなく子供を産み落としてしまった尻ぬぐいはどんな形であれしなくてはなりません。

20代のニートな子供だろうと、30代のニートな子供だろうと、今からでも遅くは無いはずです。むしろ向き合ってもらいたいものです。

これを契機に。という意味も含めて私的にはベターよりな法案であったのではないかと考えています。

  • 2006/06/05(月) 02:48:33 |
  • URL |
  • グレン #-
  • [ 編集]

グレンさん

コメントありがとうございます。

確かに親への制裁的な部分も少なからずあると思います。
しかし、現在出生率が1.25と過去最高を記録し、なんとしても子供を作れという国策とはまったく反対するんじゃないでしょうか?

親なんてなってみないとわからない部分もたくさんあり、しかも子供ごとに違う対応をしなければならないのに、事前に「お前に子供を育てる能力がないなら、制裁を与える」と言うならば、誰も子供をたくさん作ろうと思わないんじゃないでしょうか。

小泉内閣になってから、痛みに耐えるという名目で厳しくする方向のみの改正ばかりになっています。
完全に「北風政策」ですね。
これでは、韓国とも衝突するわけですね(笑)

  • 2006/06/08(木) 17:03:09 |
  • URL |
  • 中川 #-
  • [ 編集]

なるほど。

確かに、矛盾点は大アリですね。

親なんてなってみないと分からない。

全くその通りですね。
痛感致しました。
私は人の親ですらない時点で理想を追い求め過ぎている所があったようです。
いたく反省を致しました。

このような討論の場を与えて下さったことに感謝致します。
何分、今年は教員採用試験を控えている身なので。(笑)

  • 2006/06/08(木) 21:52:44 |
  • URL |
  • T崎 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wnhms622.blog21.fc2.com/tb.php/83-541fc3a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サラリーマン税の次はニート税

自民党税制調査会は、少子化対策としての子育て支援減税の財源を確保するため、所得税の扶養控除(1人当たり38万円)に年齢制限を新設し、成人したニート、フリーターを対象から外す方向で検討に入った・・・ということです。

  • 2006/05/30(火) 17:39:41 |
  • Vivid Association

ニートは扶養控除外!?

ニートは扶養控除外 自民が検討 自民党税制調査会(柳沢伯夫会長)は21日、少子化対策としての子育て支援減税の財源を確保するため、所得税の扶養控除(1人当たり38万円)に年齢制限を新設し、成人したニート、フリーターを対象から外す方向で検討に入った。現行制度

  • 2006/05/30(火) 17:46:56 |
  • zara's voice recorder

ニートは扶養控除外

自民党がニートは扶養控除外とする方針で検討に入った。キタコレ!!!フリーター潰しの次はニート潰し。うまくいくとは思えないけどな。そもそも親が負担する税金とか食費とか考えないのがニートですから。※追記某所の障害者の記事を読んで気になった....

  • 2006/05/30(火) 20:15:05 |
  • サイバー サイバー

ニートの扶養控除、除外について

兎に角、「財源確保!」、「国の支出を全て見直せ!」、「表向きは制度改革でいけ!」、「消費税増税すると選挙で惨敗するから、別名目で税を徴収せよ!」(自民党のホンネ)。 でも、ニートに対するこの方策は・・・正しいと思います。 自民党税制調査会(柳沢伯夫会長)

  • 2006/05/30(火) 22:33:54 |
  • One And Only

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。